Photo Album

  

 

 

 

No.62

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM   黒潮

 

 

 

 

輝く海原

潮の香り

 

降り積もる日の光

 

 

 

 

 

ここは本州最南端  潮岬灯台

明治6年 木造の灯台が建造されて以来

岩礁の多い岬のあちこちにも設置されている大小の灯台とともに

安全を照らし続けている

 

嵐の夜 この沖で幾艘もの船が座礁難破した

多くの尊い命も失われた

 

 

 

まるで手向けられるように

一面に水仙の花が揺れていた

 

ただ花には 意思はない

 

 

 

 

日の光にも 潮にも 海にも 意思はない

夕焼け.jpg (45562 バイト)

ただ とうとうと 流れている

 

No.07

 

No62

2004.01.25

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


ALBUM INDEX

 <Page Back