Photo Album

  

 

 

 

No.57

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM    来 世 (RAISE)

 

 

 

男と女がいた

強い絆に結ばれていたが 

幸せなときは束の間に過ぎていった

二人は血塗られた歴史の狭間に 引き裂かれてしまう

もう二度と会えないけれど、来世では

 お前と二人 きっと幸せになろう

 

今度生まれてくるときは人間はもういやです

……なにか かわいい動物になって

あなたと 末永く 幸せに暮らしたい

長い長い歳月が過ぎ

約束どおり 生まれ変わった男は

来る日も来る日も おぼろな記憶をたどるように 女に巡り合う日を待っていた

そして 運命の日は訪れた

女は 雌狐だった

 

ごめんなさい…… あれほど約束をしたのに間違えてしまったのね

でも あなただと言うことはすぐにわかりました

 

ずいぶん昔のことだ しかたないさ

でも こうして再び回り逢えたじゃないか

僕はそれだけで十分だ

 

ええ  

わたしも とても嬉しい

だって やっと出逢えたあなたが鳥で…… .

とっても おいしそうなんだもの …… 

 

誰だったか ある作家がこんな短編を残している

 

人は ななたび 生まれ変わると言われている

来世に持っていくおぼろな記憶に 果たして どんな意味があるのだろうか

 

No2

No57

2003.08.06

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


ALBUM INDEX

 <Page Back