Photo Album

  

 

 

 

No.52

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM    一陣の風

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久方の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光のどけき 春の日に 

 

 

しず 心なく 花の散るらむ

 

 

 

 

 

 

 

      春の日に散る「花」 とは 

桜のこと

 

         春の美しい風景とはうらはらに

 

散り行く ものの哀れを詠った短歌だ

 

 

 

 

 

古今集なぞ がらではないが

 

風に舞う桜を見上げるたびに この短歌を思い出す

 

 

はらはら はらはら 舞い落ち 遠くの空に舞い上がる

 一枚の花びらに投影する自分の姿 ……

 

 

儚さは 美しい夢のあと……

形あるもの いつかは滅びてしまう

 

 

 

 

 

 

 

だからとて 立ち止まってばかりもいられない

 

つゆと消えるから 命は 輝くのだ

 

 

 

No18

No52

2003.04.15

 

 

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


ALBUM INDEX

 <Page Back