Photo Album

  

 

 

 

No.49

 

 

 

 

 

 

 

PHOTO ALBUM      最後の楽園

 

 

 

月日は百代の過客にして 行交う人もまた 旅人なり……

 

 

初めて芭蕉を知ったとき 強い憧れを持った

あの歳で流浪の旅にでるには それ相当の信念があったろう

かのゴーギャンもそうだった

社会的地位、安定した生活、

そして妻子を捨てて 南海の孤島 タヒチに渡った

この二人が求めたのは 同じもの   だったような気がする

破壊と  再生……


安住の地に甘んずることをあえて拒む

 

自分自身を知る旅

未来が約束されているわけではなかった


 

わたしたちもまた          

 

              皆 旅人なのだ

 

 

No15

No49

2003.03.05

 

 

<<<<<Back                   Next>>>>>


ALBUM INDEX

 <Page Back